光学の教科書

仕事上必要で、光学の勉強をしている。
これまで光学を学ぶ機会は無かった。ぼくが子供の時に、教科書には虚像や実像という言葉はなかったと思う。大学に入ってからも、特に学ぶ機会もなかった。特に専門でなければ、工学部を卒業しても光学を一般科目で習うことは少ないのではないだろうか。
まとまった勉強用の本を探してみると、いいのが見つからない。どうしたことか岩波/現代工学の基礎(全32冊)にも光学についてはふれられていない。先日お会いした東工大の先生に伺ったところ、ボルン Max Born の「光学の原理」を勧められた。先生曰く、「古いけど、あれしかないでしょ」。ボルンはノーベル賞を取った高名な物理学者。この原著は、もう70年以上前に書かれたものだ。近くの書店に無かったので、Amazonで全3冊を購入した。専門書なので揃えると結構高い。幸いにして3冊とも古本(Used)で買えた。
しかし、内容をみて唖然。延々、数式が展開されているのである。正しい、確かに正しいのだろう。ベクトルと行列を眺めていると、なろほど光も電磁波なのだと思う。でも、式の展開について行けない。内容の実感がわかない。ぼくは電気が専門では無いので、みえない電磁波を式の上で展開する感覚が分からない。これが好きな人もいるんだろうなぁ、という気持ちだ。数式から世界がみえる人は確かにいるが、ぼくはそうではない。

しばらくして、図書館で別の教科書を見つけた。Eugene Hechtによる「ヘクト光学」である。数式もあるのだけれど、とにかく図と写真が多い。まず、直感で理解できるように書かれている。例示も細かくて大学の講義を聴いているようだ。ぼくは専門でもないので必要なところだけ拾い読みだから、こんな本がとても助かる。数式の書き方も今日風だ。これだけの教科書が日本語で読めるのも助かる。

ということで、数式だけの世界が苦手という人はヘクトを手にすることを強くお勧めする次第。ボルンが好きという方は…、ぼくはたいへん尊敬します。そういう才能がうらやましいです。

--------------------------------
ブログを投稿するときにはインターネットで調べものをしながら書き進めるのだけど、書いているうちに新たな発見をすることがある。今回もそうだ。ボルンの光学の原理 (Principles of Optics) の第7版(1999改訂)が、30年前と同じ草川徹訳で出版されるらしい。光学の原理(第7版) …現在のところ、3分冊のうち第1巻のみの発売。数式中心だろうから、ぼくは購入を遠慮しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビジネス・リーダー度、人並み

おおむね30代を読者として想定した日経ビジネスの兄弟誌「日経ビジネスアソシエ」の10/5号に付録でCD-ROMが付いていた。
そのメインコンテンツは「45分で自己診断! 年齢・職種別あなたの今の実力と適性が判る」というものだ。フラッシュで作成された画面に沿って選択式の回答をしていくと、ビジネス力の判定をするというものだ。
このCD-ROMのフラッシュの構成自体は凝ったものではない。むしろ使いにくい。せっかく問題を解いても、正答かどうかが画面では確認できないのでフィードバックができない。正解と解説は一応本誌側に印刷されているのだけれど、フラッシュの画面は後戻りできないので、回答しながら解説を読むなんておよそできない。…と、操作性に課題あり。それでも、問題を作成したのがグロービス社と聞けば、興味をそそる。本格的な診断が期待できそうだ。

設問は約30問。やはり、回答するには40分程度必要だった。

結果は、

年齢と職種を考慮に入れたあなたのレベルは、「☆☆☆★★」です。

平均的ということらしい。頑張っているつもりでもこんなものなんだ。精進が必要だと少しへこんだ。たまにはこういう客観的な評価が必要だと、少々反省した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)