飲酒運転は厳罰でしょ、知事?

飲酒運転時の事故を巡る報道が多い。きっかけとなった福岡の事故のニュースは、小さい子供を持つ親としてつらいものだった。

この際、この勢いで飲酒運転は厳罰にしようよ。

これまで自動車業界とか酒販業界とか飲食業界がどんなロビー活動をしてきたか知らないが、そうした活動が安心・安全な社会への抵抗勢力、反社会的行動だという自覚はあるのだろうか? この1年、狂牛病で亡くなった人と飲酒運転で亡くなった人の人数を比較すればよい(答えは簡単だ)。重大な問題に注力するのが鉄則だ。アメリカ産牛肉に注意するより何倍ものエネルギーを使って、飲酒運転を止めさせよう。
先日、勝谷誠彦がTBSラジオで話していた解説が面白かった。曰く、自動車運転はデフォルトで禁止なのだ。凶器にもなりうる危ないものだが、試験を受けて合格した人だけが公道で運転出来る。運転者が国民の大多数だろうがその事実を考えれば、飲酒しての運転を禁止して、違反者を厳罰するのは当たり前(言い回しは違うかもしれないがそういう話)。ぼくもその考えに大賛成だ。車でないと帰れないなら、代行運転なり、タクシーなり、ホテルなり、いくらでも手段はあろう。それは郊外に住むコストなのだよ。飲酒の程度で線引きは運用上できないだろうから、飲酒量が軽くてもダメはダメ。

それがどうだか、このニュース

飲酒運転:「直ちに免職は行き過ぎ」 兵庫県知事(毎日新聞)
「飲酒運転をしたから直ちに免職というのは、行き過ぎているのではないか」と述べ、疑問を示した。飲酒運転以外の処分案件と比較した場合に「懲戒処分としてのバランスをあまりにも欠き過ぎている」と説明した。
 (引用は部分)

前日は静岡県知事も同じ趣旨の発言をしていたようだ(産経新聞)。ほかの懲戒とのバランスを欠くといっても、飲酒運転は自己でコントロールすべき反社会行動だと、言い切るのがリーダの資質というものだ。どこかに遠慮しているんでしょうね。

飲酒運転時の事故で亡くなった人とその家族は、飲酒運転を容認するような社会でなければ、もっと幸せな人生を歩めたに違いない… 社会のリーダーたる人間はそれぐらいの想像力が無いと行けないんじゃないの?? それとも、知事? こんどは「麻薬を所持していたぐらいで…」「放火したぐらいで…」といいますか?

両知事が発言を撤回するか、再選されないことを祈る。

| | Comments (0) | TrackBack (1)