« E-300 というカメラ | Main | さらば、ワイド液晶 »

Blog一周年・雑感

ココログのスタートとほぼ同時に始めたこのBlogも1年を迎えた。生来の筆無精が露呈し始めている。最近はほとんど月いちブログだ。それでも、まだ止めようとは思っていない。一ヶ月に一度でもブログと向き合う時間をとることも人生に何らかの意味があるように思うから。
実のところ、仕事では(というか会社では)、ぼくは厳しい状態にある。事業転換の中で仕事内容が大きく変わっている。電機メーカのエンジニアであることに変わりはない。でも、その中での専門を変えていかなければならない立場にある。専門性を活かした仕事をしたいと思ってこの道を選んだのに、これまで大学で学んだことや、仕事で得たことが使えなくなるかもしれない。これはぼくにとって恐怖だ。
次の仕事は暗中模索。自適、自己実現、社業への貢献、社会への貢献を鑑みながら、自らのミッションを問い続ける日々なのだ。正直言って、10年近い社会人生活の中でもっともつらい経験だ。
ブログを綴ってみたかったのは、そんな経験の中で苦しいなりに考えたことを表明してみたかったのが理由の一つ。でも、会社のことを公開できるはずもなく(米国ではブログがらみで守秘義務違反としてクビになった例もあるようだ)、仕事のことはあまり書けなかった。たくさん読んだ自己啓発書のことも、書いていない。当たり障りのない話が多くて、匿名とはいえ慎重に書いているものだと思う。

ぼくが1年間で書いた記事は59本。コメントは30近く頂いている。多忙(と筆無精)のため、コメントのリプライをしていないことも多く、読み直してみて恥ずかしいばかりだ。人とのコンタクトを大事にできないは実生活もブログも同じこと。これは反省している。ちなみに、現時点のこのブログの総容量は1.3MByte。テキストだけなので小さなものだ。30MByteのココログベーシックでもあと20年以上書くことができる。
カウンターが2万アクセスを超えているのには驚いた。機械巡回も多いのだろうけど、1日50回ほどアクセスされていることになる。書き手として、ネットの力を感じることしきりだ(ほかのコミュニケーション手段では考えられない)。世の中には1日4万アクセスというブログで人生を変えた人もいるようだ。ぼくもネットを通じて、ぼくなりのペースで人生を変える機会を得たいものだ。

ということで、1年目の雑感。これからはもう少し肩の力を抜いて、短めのブログを綴ってみようかな。

|

« E-300 というカメラ | Main | さらば、ワイド液晶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4222/2227612

Listed below are links to weblogs that reference Blog一周年・雑感:

« E-300 というカメラ | Main | さらば、ワイド液晶 »