« July 2004 | Main | September 2004 »

新選組!を楽しむ

大河ドラマ・新選組!がまたひとつ山場-山南敬助の死-を迎える。山南敬助を演じる堺雅人という役者は登場人物の中では落ち着いて見えるが、調べてみると役の上では33歳。堺雅人本人も30歳。自分より、年下ぐらいだね。びっくりだ。
視聴率が思うほどに伸びていないとの記事も見かけるが、これまでの大河ドラマの歴史でも、「戦国時代に比べて幕末は視聴率が落ちる」という傾向がある(日経エンタテイメント!の指摘)。時代背景が複雑で分かりにくいのが原因らしい。まずはこの視聴率で成功じゃないだろうか。
三谷幸喜の脚本はすべての登場人物に愛すべきキャラクター付けをしている。出演者にあわせて脚本を書く三谷流が面白く、ぼくはとても楽しんでいる。芹沢、土方、山南らのキャスティングは抜群だ。惜しいかな、登場人物が次々に死んでいってしまう。
大河ドラマらしい殺陣もすばらしい。毎年同じ方が殺陣の指導をされているのだけど、今年は接近戦が多いのかより緊迫した場面が多い。ぼくは剣術なんて素人だけど、西洋風の殺陣、たとえば映画ロード・オブ・ザ・リングと比較すればぜんぜん違うことが分かって面白い。

誉めてばかりなので、ちょっと悪いと思うところも挙げておくと、番組宣伝と予告編がダメダメだ。というのも「よいところまで見せすぎ」なのだ。そのことをこちらのサイトの方が上手くまとめておられる。同意見です。

ところで、NHKの新選組!サイトは写真ずくめ、動画ありの立派なものだが、新選組局長の近藤勇(香取慎吾)の写真が一枚もない。ジャニーズ事務所が肖像権を管理した結果なのだろう。もっとも、局長の出番が少ない脚本なので、これはこれでドラマの雰囲気をよく表しているようにも思う。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« July 2004 | Main | September 2004 »