« GoogleがあればこそのBlog | Main | 明治安田の生まれ年別の名前調査 »

父親になった +グッド・ニュース

妻が女児を出産した。

知人からもっとも良く聞かれる質問は、「立ち会い出産をしたか?」だ。予定日を10日以上過ぎての帝王切開だったので、もちろん立ち会いではない(手術だからね)。もっとも、通常分娩でも立ち会うつもりはなかった。妻が立ち会いを望んでいなかったので。

出産時に容態が変化して手術に切り替える場合は「緊急手術」というが、今回の手術はそれとは異なり、事前に予定されていたものだった。前日に入院して、絶食、点滴の上で翌日に手術をする。緊急手術に比べればリスクが低く、子どもや母体への負担は小さい。通常分娩が困難との診断を受けての選択だった。手術前日にインフォームド・コンセントの手続きをとった(リスクについての説明を受け、サインする)。
複数の産婦人科医と小児科医が常駐している産科の専門病院だったので、とても設備が整っていた。超音波による診断で性別はもちろん出産時の予想体重まで分かっていた。その上での切開出産なので、実に管理された出産ということになると思う。それでも心配なものだ。ぼくに何ができるわけでもないが、手術当日に休暇をとり、安産祈願をした神社に参拝してから、ぼくの母親を連れて病院へ行った。
切開による出産は、少し不思議な感じだ。ぼくも知らなかったが手術開始後、10~15分程度で子どもが産まれてくる。母親の方は様々な処置が必要なので、その後1時間ほどしてから手術室から出てくる。予定通り女の子が、ほとんど予定通りの体重で産まれてきた。良く泣き、良く動く元気な子どもだ。それから1時間ほどしてから医師が退室。しばらくしてから、妻が病室に運ばれた。手術中に産声は聞いたらしい。手術の後半から寝ていたそうだ。妻には点滴や麻酔やらの管、心拍のモニタが付いている。しばらく、動けそうにない。DVカメラで新生児室にいる我が子を撮影してきて、妻に見せたら喜んでいた。
帝王切開は手術の中では危険の少ないものとはいうが、やはり普通の開腹手術と同じように大変だ。浮腫(帝王切開に限らないが手術後にエコノミークラス症候群みたいな血栓形成による死亡例があるらしい)の防止のための機材を脚に付けていた。麻酔が切れてくると体のあちこちが痛いと言っていた。退院までには10日はかかりそう。実はぼくも帝王切開で産まれているので、手術による出産に対しては素直に受け入れた感じだ。

実はこの日もう一つのニュースがあった。昇格試験の発表があり、病院にいるぼくに上司から電話で昇格内定を伝えられた

出産と昇格が同時に決まったが、妻が病室で伏している状態では喜びも全開には感じられなくて、不思議な日を過ごした。

|

« GoogleがあればこそのBlog | Main | 明治安田の生まれ年別の名前調査 »

Comments

おめでとうございます。
今度からはお子様の話も聞かせて下さい。

Posted by: やすなり | Monday, March 29, 2004 at 07:36

おめでとうございます!
昇進もあわせて、Happyな春ですね。夜泣きとか色々大変なことも多いでしょうけど、子供の赤ちゃん時代は、今思うと「あっという間」でした。

Posted by: りこぽん | Monday, March 29, 2004 at 12:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4222/365134

Listed below are links to weblogs that reference 父親になった +グッド・ニュース:

« GoogleがあればこそのBlog | Main | 明治安田の生まれ年別の名前調査 »