« 手に入らないかも | Main | パオパオ »

年収500万円

初めて年収500万円を超えた。昨年末のことだけれども、会社からもらった源泉徴収票(わかりやすい解説はAll About Japanで)での「支払金額」が500万円を超えていた。念のために断っておくが、手取りではない。日本に住んでいるから、ここから100万円近い社会保険料と所得税・住民税を支払わなければならない。

ぼくは残業をあまりつけられない部署にいるので、収入が上がらないと言う面もある。年収400万円を越えたのは30代になってからだ。工学系大学院の修士課程を終えて、会社に勤めてから8年目。東証一部上場の世間で名前の知られている会社のためか、周囲からはもっと稼いでいるように思われる。もちろん、ぼくだってもっと稼げるものだと入社前は思っていた。
パーフェクトではないけれども、仕事はきっちりしているのだからもう少しもらいたい。とはいえ、実力に見合って昇進する仕組みがないのも事実。大量にいるバブル世代が全部昇進してからでないと上がれないのが、現代若年層の年功序列というものだ(うちの会社だけか?)。昇給は個々の仕事の内容でなく、組織の年齢構成に依存する。
これまで転職も考えたが、決断できないままに今にいたっている。以前なら、年収50%アップのオファーもあったけど、最近はない。この点は反省している。年齢を重ねるのに見合ったスキルアップが足りなかったな。なぜ転職しないのか? いまの職場で成功したいからだ。でも、まだうまくいってないんだな、これが。

収入の話をするのは品がないことだろうか。お金以上に仕事の内容に意味があるというという考えは理解できる。自分の時間(人生)を費やすのにふさわしいと思える仕事は、金銭以上に大切なことだ。それでも、仕事の内容に多少は報酬でも報われたい。これからは実力主義だというなら、より強くそう考える。ぼくの会社は管理職がすでに年俸制になっている。社員にだってそのうち導入するかもしれない。成果と報酬をリンクさせるなら、まずそれぞれの年俸が明らかにした方が(公開した方が)、より納得して運用できるのはないだろうか。これは社内の評価制度の視点。そしてプロとして認められたい気持ちだ。
もう少し一般的な例を一つ。大学3年生が就職活動の季節だが、ほとんどの会社では報酬の説明に月給しか書いていない。報酬は雇用の基本事項なのだが、月給だけを示されてもあまり参考にならない。基本事項なのに隠しているようで気持ち悪い。きちんと示すべきだと思う。賞与や手当、さらには残業代まで含めた年収を近年の実績値で示すような社会にはなってほしいと思っている。

|

« 手に入らないかも | Main | パオパオ »

Comments

はじめまして、こんばんは。
確かに実力社会になってきていることは実感できます。
しかし、現在年収がいくらか?ということに関しては、
まだまだサラリーマンである以上「どの会社に属しているのか?」
ということが非常に大きなウェイトを占めると思います。
(四季報の平均年収参照)
私自身バブル組に入る部類ですので、今後の風当たりは
きつくなると思います。人生サバイバーがんばらねば^^;

Posted by: goh | Sunday, January 25, 2004 at 01:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4222/129804

Listed below are links to weblogs that reference 年収500万円:

« 手に入らないかも | Main | パオパオ »